転職したけれど前の会社より待遇や給与が下がったなど転職に失敗する方も数多くいらっしゃいます。転職時は焦らずしっかりと自分のこれまでの業績やアピールポイントを伝え条件に見合った企業探しをすることが重要です。

条件にあった求人を探している女性

歯科助手とスーパーバイザーの仕事内容と転職

今回は歯科助手とスーパーバイザーの仕事の探し方を紹介します。
まず、歯科助手の仕事は、医療行為はできず、雑用係的な仕事になります。具体的な仕事内容は、受付と案内、会計、薬の説明と渡し、雑用になります。受付は患者さんが来た時の受付です。治療が終わったら、患者さんの会計、患者さんによっては、薬を処方されるので、薬の飲み方の説明などもします。最後に「お大事に」といってお見送りします。雑務は、カルテの管理、スケジュール管理、医療用具の洗浄などです。
歯科衛生士は国家資格が必要です。歯科助手は、資格は特に必要ではなく、未経験でも採用してもらいやすいです。
歯科衛生士に必要なのは、コミュニケーション力と体力だと言われています。そのため、志望動機では、必要な能力があることをアピールする方が良いでしょう。
歯科衛生士の求人は歯科専用の求人サイトに多く掲載されています。このような求人サイトに登録しておくと、希望の歯科医院に巡り合える可能性が高くなると思います。
スーパーバイザ―とは、飲食店や小売店、コールセンターで募集している職種です。
スーパーバイザーの業務は、複数の店舗を管理して業績を上げることです。管理する店舗は、エリア(地域)で各会社ごとに振り分けられます。そのエリアで店長と連携しながら、サービス向上のための施策に取り組んでいきます。
具体的には、店舗運営に関するアドバイスを行います。
コールセンターのスーパーバイザーはスタッフの統括、指導を行ない、飲食店、小売店のスーパーバイザーとは業務内容が異なってきます。
飲食店、小売店、コールセンターのスーパーバイザーの求人は、その仕事の経験者、もしくは、店長としてマネージメント経験がある人が対象となる場合が多いです。転職で、スーパーバイザーの職に就きたい人は、未経験では難しいことを理解しておいた方が良いです。