転職したけれど前の会社より待遇や給与が下がったなど転職に失敗する方も数多くいらっしゃいます。転職時は焦らずしっかりと自分のこれまでの業績やアピールポイントを伝え条件に見合った企業探しをすることが重要です。

条件にあった求人を探している女性

転職で成功するための秘訣

転職で成功するための秘訣はいくつかありますが、まず、退職する前に転職活動を行うことです。仕事をしながら活動したほうが追いつめられることがないため、有利になりやすい傾向があります。先に会社を辞めて無職になった場合、雇用保険の失業保険が支給されます。しかし、現在の制度では、自己都合の場合、3ヶ月間は失業給付金を受け取ることができないようになっています。さらに、社会保険が国民年金と国民健康保険に切り替わるため、毎月の負担が増えます。転職活動が長期化するほど貯金が減っていくため、目先の企業に入社を決めてしまいがちです。働きながら転職活動を行った場合、金銭的な心配がない為、時間をかけてよい求人を待つことが可能です。
また、退職理由が明確になっている人ほど成功しやすいです。退職理由は、次の仕事を選ぶ際の重要な判断基準となるため、前職の何が不満だったのかを曖昧にしたまま活動を始めると前職と同じ不満を持つ可能性がでてきます。理想的な仕事へと転職するためには、退職理由を明確化し、最低ラインの基準を持っておくことです。消極的な基準だけでなく、必ず叶えたい条件も明確化しておくことが大切です。転職活動を始めるといろいろな希望が出てきます。その中でも、必ず叶えたい条件と妥協してもよい条件を決めておくことです。年収や残業、業界など自分の希望条件を明確にします。この条件だけは妥協せずに活動を行うことです。求人を探しているとオフィスの綺麗さや福利厚生など予想していなかった条件に目移りしやすいですが、転職本来の目的を妥協してしまうと失敗してしまうこともあるため、妥協できる部分は妥協しても、必ず叶えたい条件が叶う求人だけを選ぶようにします。