転職したけれど前の会社より待遇や給与が下がったなど転職に失敗する方も数多くいらっしゃいます。転職時は焦らずしっかりと自分のこれまでの業績やアピールポイントを伝え条件に見合った企業探しをすることが重要です。

条件にあった求人を探している女性

飼育員への転職は大学での専門課程が有利になる

飼育員への転職では、事前に資格や学歴等に関して情報を得た上で申込みをする必要があります。
動物が好きであることや、動物に専門的に関わりたい場合などにおいては、飼育員は適した職業の1つとなりますが、多くは飼育や繁殖などに関しての専門的な知識が求められることになります。ただ単に、好きのみで職業に就いてみたい場合などでは、アルバイト等からでも始めることはできますが、転職によるしっかりとした職場として求める場合には動物に対してのスキルが必要になります。実際、飼育員として働いている人の場合では、動物の飼育や、獣医、畜産、生物などを学んから、就業をしています。
飼育員になるには、一般的には、高校を卒業後、大学で獣医や畜産、生物などを専攻し、公務員採用試験を受けてから就業をしています。また、もう一つのケースとしては、大学ではなく動物飼育などの専門学校を経て、採用試験を受け、就業をしている場合もあります。飼育員で公務員資格が必要となるのは公営動物園での勤務を希望している場合が該当し、私立動物園やサファリパークを希望する場合には不要となります。
飼育員になるには、必要とされる資格は設けられていません。しかし、就業においては、欠員が生じた場合のみ採用を行っている施設も多く、転職がうまくいくためにも動物に対するスキルアップは欠かせないものとなります。就業においては必ず求められ資格ではないものの、関係資格として、獣医師や学芸員、愛玩動物飼育管理士などがありますが、例えば、大学で専門課程を就業し、獣医師の資格を持っている場合には、より、就業機会が増えることになります。獣医師は国家資格となっており、施設の中では、採用における必須条件として掲げているところもあります。